MENU
乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ TOP  >  肌とコラーゲン , 乾燥肌に効果的な対策  >  肌のハリと弾力を保つコラーゲン摂取の間違い!あなたは大丈夫?

肌のハリと弾力を保つコラーゲン摂取の間違い!あなたは大丈夫?



▼▼ 基礎化粧品選びに迷ったら ▼▼
【基礎化粧品選び】どれがいいか迷ったらこれ!

コラーゲンは、お肌のハリと弾力を保つために欠かすことのできない成分ということはよく知られていますが、コラーゲンの摂取の仕方については間違った認識をしている人が意外と多いようです。ここでは、コラーゲンを摂取する意味を正しく理解しましょう。

コラーゲン摂取の間違い

 

コラーゲン摂取の認識の間違い

ハリと弾力維持のためのコラーゲンの摂取と聞いて、あなたは次のどちらを思い浮かべるでしょうか。肌に塗る?それともサプリメントや食事?

 

まず最初に、肌のハリと弾力を与える目的で、もし肌からコラーゲンを摂取することを考えたあなたは、根本的な認識違いをしています。それを理解するには、先に皮膚の構造を知る必要があるで。皮膚は表皮と真皮に分かれるですけど、コラーゲンが存在するのは表皮の内側にある真皮の部分

 

つまり真皮層にコラーゲンを届けてあげればいいわけやけど、残念ながら現在の技術では、真皮層までコラーゲンを浸透させることはムリやねん。肌の外側から浸透させることができるのは表皮までやということを覚えておきましょう。また肌にコラーゲンを塗る目的は、ハリと弾力ではなく、保湿が目的やということも一緒に覚えといてな。

 

皮膚の構造については、こちらの記事が参考になるので確認してみてください。

check_img01a顔や目の下は乾燥しやすい?薄さたったの0.02mm!

 

では最初から、食事またはサプリメントで摂取すると考えたでしょうか。そう考えたからって安心したらアカンよ。なんでかというと、口から摂取したコラーゲンは、直接肌のコラーゲンとして吸収されるわけではないからです。食事にしろサプリにしろ、口から摂取されたコラーゲンは、腸で消化されていったんアミノ酸に分解されるねん。また、コラーゲンはタンパク質の一種で、分解されたアミノ酸は、肌だけではなく身体のいろんな場所に運ばれ、筋肉や骨、肌のコラーゲンなどのタンパク質に再構築されわけです。

 

つまり口から摂取したコラーゲンは直接肌に届けるためではなく、あくまで肌のコラーゲンの原料となるアミノ酸を増やしてるに過ぎないということやで。それから、ここでもう1つ重要なことは、肌のためにと思って口から摂取したコラーゲンは、必ずしも肌のためだけに使われるとは限らないってこと。アミノ酸に分解されたコラーゲンの活用先は、あなたの身体が勝手に決めるってことやねん。

 

しかも、アミノ酸に分解されたコラーゲンは全てがタンパク質の原料として使われるとも限らず、一部は糖や脂肪に変化してしまうので、肌のハリと弾力を目的として口径摂取したコラーゲンの吸収効率は、決して高いとはいえないことを念頭に入れておいた方がいいかもしれへんよ。だからといって何もしないのは全然ダメダメやで。

 

肌のうるおいはコラーゲンだけでは果たせない

肌のハリや弾力に大きな役割を担うコラーゲンは、保水にも優れた役割も持ってるんですが、肌のハリ・弾力・ツヤなど健康的な肌の維持と向上を目的とした場合、コラーゲンだけに頼るわけにはいきません。分解されたコラーゲンの再合成に必要なビタミンC、必須アミノ酸を多く含むタンパク質源、そして真皮層でコラーゲンを支える働きをするエラスチンを含む食品と一緒に摂取することが大事やねん。逆に摂り過ぎに注意なのが、揚げ物など高脂肪食や糖質は、せっかくコラーゲンを摂取しても効果が低下するからです。

 

また、冒頭で皮膚の構造に少し触れました。健康的な肌に、うるおいは絶対に無くてはならないことやけど、真皮のハリと弾力とうるおいは、コラーゲンが担うことになるやろ?では、表皮側のうるおいは誰の役割かというと、また別の成分になるからやねん。

 

表皮の保湿に大きな役割を果たすのがセラミドやライスパワーを代表とする細胞間脂質。真皮と表皮の両面から肌のうるおいを維持&向上することが大事になってくるということやで。コラーゲンだけに頼らないプルンプルンな肌作りを心がけるようにしましょう。

表皮のうるおいを担う細胞間脂質

 

例えば、ライスパワー配合保湿化粧品はこんなのです。

check_img01aライスパワー配合保湿化粧品

 

セラミド配合保湿化粧品はこんなんがあります。

check_img01aセラミド配合保湿化粧品

 


rattat


毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

目元 乾燥小じわ たるみ 悩み
▲手強い目元の乾燥小じわ/たるみに▲


基礎化粧品選び 迷う

セラミド 増やす対策
▲▲ 基礎化粧品選びに迷ったら ▲▲

▼▼ Hot!! ▼▼
フルアクレフを使ってみた!辺見えみりプロデュース美容液の力

美白×保湿のおすすめコスメ

いま話題の高保湿成分化粧品の特集

おすすめ高保湿化粧水ランキング まとめ記事

おすすめのオールインワン時短化粧品ランキング まとめ記事

身体の内側から潤すサプリ特集

ニキビケアと保湿を両立するおすすめ化粧品ランキング まとめ記事

コスパで選ぶ効果期待値の高い保湿化粧品特集

普段の基礎化粧品にプラスすると効果アップする化粧品

ディセンシア decencia アヤナス まとめ記事

にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

同じカテゴリー「肌とコラーゲン」の一覧

肌悩み毛穴スキンケア、やってもやっても・・・というとき

肌悩みの中でも特に、トラブルが起こると目立つ毛穴。でもコラーゲンやエラスチン、セラミドなど、良いといわれるいろんなスキンケアをやってもやっても効果がいまいち。そんなときは、スクワランで皮脂膜にアプローチするという手段も有効です。

記事の続きを読む

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違い

化粧水や美容液などの基礎化粧品に配合されるコラーゲン。よく見かける成分ですが、コラーゲンにはいくつかの種類があります。水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違いを知らないと、思ったような効果をえられないことも。名前の違う水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンには、どんな違いがあるのか比較してみます。

記事の続きを読む
コラーゲン 乾燥する?

コラーゲンだけで乾燥肌の保湿ケアってできるのか?

基礎化粧品の保湿成分として有名なコラーゲン。保湿にとどまらずハリ・弾力成分として、もともと肌内部にも存在するコラーゲンですが、はたしてコラーゲンだけで保湿化粧品としての機能を、十分に発揮することは可能なんでしょうか。

記事の続きを読む

コラーゲン鍋で温ったまろっ!鍋シーズンには美肌も意識

お鍋シーズンに人気のコラーゲン鍋。美味しく、寒い季節に身体を温めることができて美肌にも効果があるといわれるコラーゲン鍋。何かと飲み会も増えるシーズンこそ肌のハリと弾力など美肌を意識した食事にも気を使い […]

記事の続きを読む

プロテインで弾力肌の効果あり?でも過剰摂取はキケン!?

プロテインを摂ることで弾力のあるぷるるん肌の効果に期待ができますが、ただ闇雲にプロテインを摂取すればいいというものではありません。ハリと弾力のある潤った肌に近づけるためのプロテインの摂り方をご紹介しま […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

うるおい侍のプロフィール

うるおい侍が、お肌の潤いに関して独自の切り口で紹介しています。

プロフィールの続きを読む
    敏感肌向け超保湿アイテム
    コンテンツの一覧
    にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

Copyright© 2018 乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ

ページトップ