MENU

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違い



▼▼ 基礎化粧品選びに迷ったら ▼▼
【基礎化粧品選び】どれがいいか迷ったらこれ!

化粧水や美容液などの基礎化粧品に配合されるコラーゲン。よく見かける成分ですが、コラーゲンにはいくつかの種類があります。水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違いを知らないと、思ったような効果をえられないことも。名前の違う水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンには、どんな違いがあるのか比較してみます。

水溶性コラーゲン 加水分解コラーゲン 違い 比較

 

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違い

コラーゲンの役割

コラーゲンは、もともと人の体内に存在する成分で、真皮、靭帯、腱、骨、軟骨など人体の重要な部分を構成するたんぱく質のひとつやねん。体内に存在するたんぱく質の、実に30%を占めるコラーゲンは人体にとって重要な構成要素といえます。構造は、コラーゲン様配列と呼ばれ、3本のペプチド鎖による3重らせん構造をしています。

 

基礎化粧品の応成分としてもよく知られてるねんけど、化粧品に配合されるコラーゲンの種類と働きの違いを知らずに使ってる人は少なくないようです。それでは次に、基礎化粧品の成分として配合されるス陽性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違いについてみていくで。

 

2つのコラーゲンの違いを比較

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違いを一覧表で比較するとこうです。水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲン、それぞれの働きや特徴は、その後説明していくで。

水溶性コラーゲン加水分解コラーゲン
生成方法 豚の皮など動物由来原料から、酵素によって低温で分解することでコラーゲンのみを抽出。コラーゲンをいったんゼラチン化し、加水分解することで精製。
3重らせん構造 ほぼ元のままの3重らせん構造を持つ(体内コラーゲンと同じ構造)3重らせん構造を持たない
浸透性 肌表面のみ (角質層に浸透しない)角質層に浸透しにくい
保水力・弾力 加水分解コラーゲンより高い 水溶性コラーゲンより劣る

 

水溶性コラーゲン

水溶性コラーゲンの原料は動物由来やで。豚の皮に豊富に含まれるコラーゲンを、酵素によって低温でゆっくり分解することで、コラーゲン以外の成分を分解・除去してコラーゲンだけを効率的に抽出できます。抽出されたコラーゲンは水に溶ける性質があって、このように生成されたコラーゲンが水溶性コラーゲンです。

 

水溶性コラーゲンは、コラーゲンの3重らせん構造をほぼ壊すことなく抽出するので、コラーゲン本来の非常に優れた保湿・保水・ハリ・弾力などの特徴をそのまま継承することになります。せやから化粧品の成分として配合される水溶性コラーゲンは、うるおいや弾力のある肌作りに高い効果を発揮することが期待されるというわけです。

 

しかし、化粧品に配合される水溶性コラーゲンは注意せなあかんこともあるで。水溶性コラーゲンは、コラーゲン本来の3重らせん構造を壊さずに抽出するので、分子量が大きいことがネックになりやすく、肌への浸透性が課題になるからです。化粧品に配合される水溶性コラーゲンは、コラーゲン本来の優れた保水・保湿能を持ちながら、その効果を十分に発揮しきれてへん可能性があるっていうことを分かっておく必要があるで。

 

加水分解コラーゲン

コラーゲンを酵素の働きによって低温溶解し、水に溶かすことで作られる水溶性コラーゲンに対して、加水分解コラーゲンはゼラチン化を経て、加水分解することで生成されます。コラーゲンは高温溶解するとゼラチン化し、このときコラーゲンの3重らせん構造が崩壊するねんけど、3重らせん構造がバラバラになることで分子量が減るので小さくなります。このように加水分解コラーゲンとは、低分子化(小さく)されたコラーゲンのことで、分子量の小さい加水分解コラーゲンを、化粧品やサプリメントなどに配合することで、吸収性・浸透性が高められるというわけです。ちなみに別名では、コラーゲンペプチドなどと呼ばれることもあるで。

 

加水分解によって低分子化されたコラーゲンは、水溶性コラーゲンに比べて浸透性に優れる一方で、加水分解コラーゲンにも欠点があります。加水分解コラーゲンは、3重らせん構造を持っていないので、保湿・保水・弾力などの力は、水溶性コラーゲンより劣ることが予想されるということやねん。加水分解コラーゲンは、角質層に対してどれだけ深く広く浸透できるかがカギになってくるわけです。

コラーゲン 浸透性の違い 角質層まで

 

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンまとめ

化粧品のコラーゲンは役不足?

水溶性コラーゲンは、保湿・保水・弾力などコラーゲンの実力を十分に発揮することに期待ができるけど、高分子である(分子が大きい)ことがネックとなり、浸透性が欠点となって結果的に十分な効果を発揮できへん可能性があります。加水分解コラーゲンは、低分子化によって浸透性を向上させた分、水溶性コラーゲンより保湿・保水・弾力の力が弱い可能性があるねん。このように水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンには、それぞれの特徴とメリットがあるねんけど、同時に弱点も存在します。化粧品では、水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの両方を配合することで、お互いの欠点を補うことが考えられるわけやけど、配合成分が増えることによるコストへの影響は無視でけへんのとちゃうやろか。

 

2つの特性をあわせ持つ生コラーゲン

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの欠点を克服したともいえる、コラーゲンの3重らせん構造を保ちつつ角質層にしっかり浸透することで、肌の内側からのうるおいとハリ・弾力強化を実現した生コラーゲンというコンセプトの美容液があって、うるおい侍も実際に使ってみました。

 

コスパ的には、ちょっと高い印象は否めませんが、塗ってすぐに角質層にしっかり浸透していく感覚と、その効果の継続力は確かやと思います。特に乾燥小じわが目立ちやすい目元や口元へは、重ねづけすることでより実感を得られるんとちゃうかな。さっきの表を生コラーゲンを加えて比較してみるで。

 

生コラーゲン水溶性コラーゲン加水分解コラーゲン
生成方法ナノサイズのラメラナノカプセルに、3重らせん構造を持つ生コラーゲンを巻き付けた独自製法豚の皮など動物由来原料から、酵素によって低温で分解することでコラーゲンのみを抽出。コラーゲンをいったんゼラチン化し、加水分解することで精製。
3重らせん構造 3重らせん構造を持つ(体内コラーゲンと同じ構造)ほぼ元のままの3重らせん構造を持つ(体内コラーゲンと同じ構造)3重らせん構造を持たない
浸透性角質層まで肌表面のみ (角質層に浸透しない)角質層に浸透しにくい
保水力・弾力水溶性コラーゲンより高い/
加水分解コラーゲンの約600倍
加水分解コラーゲンより高い水溶性コラーゲンより劣る

 

生コラーゲン配合のラメラエッセンスについては、こちらの記事で詳しくまとめていますので確認してみてください。

普段の基礎化粧品、ライン使いですか?基礎化粧品といっても化粧水と乳液、クリームなど組み合わせは少なくないですよね。基礎化粧品はライン使いすることで高い効果に期待ができるといいますが

 


rattat


毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

目元 乾燥小じわ たるみ 悩み
▲手強い目元の乾燥小じわ/たるみに▲


基礎化粧品選び 迷う

セラミド 増やす対策
▲▲ 基礎化粧品選びに迷ったら ▲▲

▼▼ Hot!! ▼▼
フルアクレフを使ってみた!辺見えみりプロデュース美容液の力

美白×保湿のおすすめコスメ

いま話題の高保湿成分化粧品の特集

おすすめ高保湿化粧水ランキング まとめ記事

おすすめのオールインワン時短化粧品ランキング まとめ記事

身体の内側から潤すサプリ特集

ニキビケアと保湿を両立するおすすめ化粧品ランキング まとめ記事

コスパで選ぶ効果期待値の高い保湿化粧品特集

普段の基礎化粧品にプラスすると効果アップする化粧品

ディセンシア decencia アヤナス まとめ記事

にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

同じカテゴリー「肌とコラーゲン」の一覧

肌悩み毛穴スキンケア、やってもやっても・・・というとき

肌悩みの中でも特に、トラブルが起こると目立つ毛穴。でもコラーゲンやエラスチン、セラミドなど、良いといわれるいろんなスキンケアをやってもやっても効果がいまいち。そんなときは、スクワランで皮脂膜にアプローチするという手段も有効です。

記事の続きを読む

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違い

化粧水や美容液などの基礎化粧品に配合されるコラーゲン。よく見かける成分ですが、コラーゲンにはいくつかの種類があります。水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違いを知らないと、思ったような効果をえられないことも。名前の違う水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンには、どんな違いがあるのか比較してみます。

記事の続きを読む
コラーゲン 乾燥する?

コラーゲンだけで乾燥肌の保湿ケアってできるのか?

基礎化粧品の保湿成分として有名なコラーゲン。保湿にとどまらずハリ・弾力成分として、もともと肌内部にも存在するコラーゲンですが、はたしてコラーゲンだけで保湿化粧品としての機能を、十分に発揮することは可能なんでしょうか。

記事の続きを読む

コラーゲン鍋で温ったまろっ!鍋シーズンには美肌も意識

お鍋シーズンに人気のコラーゲン鍋。美味しく、寒い季節に身体を温めることができて美肌にも効果があるといわれるコラーゲン鍋。何かと飲み会も増えるシーズンこそ肌のハリと弾力など美肌を意識した食事にも気を使い […]

記事の続きを読む

プロテインで弾力肌の効果あり?でも過剰摂取はキケン!?

プロテインを摂ることで弾力のあるぷるるん肌の効果に期待ができますが、ただ闇雲にプロテインを摂取すればいいというものではありません。ハリと弾力のある潤った肌に近づけるためのプロテインの摂り方をご紹介しま […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

うるおい侍のプロフィール

うるおい侍が、お肌の潤いに関して独自の切り口で紹介しています。

プロフィールの続きを読む
    敏感肌向け超保湿アイテム
    コンテンツの一覧
    にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

Copyright© 2018 乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ

ページトップ