MENU

薬用美白化粧水、夏に向けていまから始める美肌対策!



▼▼ 基礎化粧品選びに迷ったら ▼▼
【基礎化粧品選び】どれがいいか迷ったらこれ!

紫外線が強くなりはじめる春は、夏に向けた美肌作り対策を開始する大切な季節といえます。そのためにも薬用美白化粧水などの基礎化粧品を使って先手を打っておきましょう。

薬用美白化粧水

 

薬用美白の化粧水が紫外線などにも効果を発揮

スキンケア用品は薬機法(旧薬事法)で「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されており、効果・効能の範囲が明確に分かれています。薬用というのは、つまり医薬部外品とイコールなわけですが、まずはこれらの違いについて、簡単に確認してみましょう。

 

医薬品は治療する定義

医薬品は病気やケガなどの治療を目的としたクスリということです。厚生労働省の認可が必要で、医師による処方が必要なものとドラッグストアなどでも購入が可能なものもあります。

 

医薬部外品の定義

厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分を一定の濃度で配合しているものを指します。このため、肌荒れや乾燥肌、にきびを防ぐ、日焼けによるシミやソバカスを防ぐなどの効果を訴求できるのが最大の特徴です。

 

化粧品の定義

上記以外のスキンケア用品を化粧品に分類することになります。たとえ効果・効能のある成分を含んでいるとしても、配合量が少ない(一定量でない)ので、商品パッケージに効果と効能を表記することができません

 

美白目的に基礎化粧品を使うなら

ご覧いただいてお分かりのように、化粧水など基礎化粧品で美白や紫外線対策をするときは、美白や紫外線対策として効果が期待できる成分を一定以上配合しているかどうかがポイントになります。そして、その目印は「薬用」や「医薬部外品」の表記あるかどうかということです。

 

薬用美白化粧水の有効成分

次に美白にフォーカスしたこの記事では、薬用美白化粧水など、医薬部外品の基礎化粧品に含まれる有効成分として、肌のホワイトニング効果を発揮する代表的な成分を確認してみたいと思います。

 

炎症を抑え整肌効果のある成分

肌内部で繰り返す炎症は、肌荒れの悪化や潤いの低下によってキメの乱れの原因となります。その結果、肌のツヤや明るさが低下してしまうリスクを高めてしまうことになります。

 

そこで抗炎症に優れるものととしてよく知られる成分が、グリチルリチン酸2カリウムやトラネキサム酸。これらの成分は、医薬品にも使われることも多いですが、美白化粧品などにも広く使われるようになりました。化粧水などの基礎化粧品に、これらの成分を配合することで炎症を抑え、整肌や美白にも役に立つとされています。

 

保湿とバリアー機能アップ成分で外部刺激から肌を守る

肌の潤いを保つためには、規則正しいターンオーバーが欠かせません。規則正しいターンオーバーによって肌の保湿とバリアー機能が保たれ、外部からのさまざまな刺激にも強くなります。

 

もともと我々の肌にあって、肌の保湿やバリアー機能を保つのに重要な役割を担っているのがセラミドという成分ですが、セラミドは、年齢や日常生活の乱れなどで減少が進むことが知られています。間違ったスキンケアや適当な方法でしかケアをしていない場合は、セラミドがどんどん減少してしまうことにもつながります。このように特に、年齢からくるセラミド不足の場合は、適切なスキンケアで補ってあげるとも大切になってきます。

 

シミ対策と黒化を防ぐ成分

肌の美白を妨げる直接的な要因にシミがありますが、これらは肌内部のメラニン生成によって起こることはご存知と思います。肌内部で作られてしまったシミの元は、肌のターンオーバーによって自然に押し上げられ最終的に垢となって排出されます。しかし、ターンオーバーの乱れはシミの蓄積を招く可能性があるため、規則正しい肌のターンオーバーはここでも重要になってきます。

 

生成されたメラニンの定着を防ぐには、肌のターンオーバーで追い出す以外に、シミに直接的なアプローチをする方法もあります。ハイドロキノンなどに代表される美白成分です。しかし、別名、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンは、強力な美白作用がゆえに副作用のリスクが伴います。そこで、美白化粧水などの基礎化粧品では、厚生労働省から認可を受けているアルブチンという成分が使われることが多いです。ハイドロキノンより穏やかで肌に優しい美白成分として開発されました。

 

光老化による糖化くすみから守る成分

光老化といわれるエイジング作用は、シワやたるみ以外に、くすみの原因となる糖化というものがあります。肌の糖化とは、わかりやすくいうと肌の黄ぐすみということです。肌の糖化が起こる大きな原因は、多くの女性が自覚している敏感肌。敏感肌は炎症の影響を受けやすく、肌糖化の原因となるAGEsという生成物を発生しやすくしてしまいます。

 

肌の糖化対策という意味では、ここまでに説明した保湿、バリアー機能、基礎正しいターンオーバーをしっかり行うことで、かなり効果の高い対策になるといえると思います。また、薬用美白基礎化粧品には化粧水を含め、エッセンスやクリームに抗糖化作用のある成分を配合したものもあるので合わせて検討してみるのもいいのではないでしょうか。

医薬部外品 美白に効果的な成分

 

薬用美白基礎化粧品まとめ

ここまで説明したように、基礎化粧品による効果的な美白対策のためのポイントを簡単にまとめてみたいと思います。

 

効果・効能の表記が認められている医薬部外品表示があること

美白化粧水や基礎化粧品に「薬用」や「医薬部外品」表示があるということは、厚生労働省が認可した美白の効果・効能のある成分が一定量以上配合されているということです。

 

肌のホワイトニング効果を発揮する成分を含んでいるか

肌の美白に役立つ代表的な成分は、抗炎症効果と肌のキメを整えるグリチルリチン酸2カリウムやトラネキサム酸。肌の潤いとバリアー機能を保つセラミド。シミに効果を発揮するアルブチンや、その他、光老化に役立つ成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。

 

医薬部外品の基礎化粧品を使った美白ケアについて、ここで紹介したことに気をつけるかどうかで、この先、大きな差が出てくることになるので、これらのポイントをしっかり押さえて、ぜひいまから先手を釣っていくようにしたいものです。

 

すぐに医薬部外品の基礎化粧品を確認するには、こちらのリンクをクリックして進んでください。
check_img01aすぐに医薬部外品の基礎化粧品を確認してみる。

 

医薬部外品のサエル(ドライアルセット)

ここでひとつ例として、ディセンシアのサエルという医薬部外品の基礎化粧品をご紹介しておきます。これまで本サイトでも何度か紹介していますが、2018年2月にリニューアルするそうで、定期会員の私にも、お知らせとトライルセットが届きました。グッドタイミングなので、医薬部外品の基礎化粧品として新しくなったサエルの概要をお伝えしようと思います。

梱包私は定期会員でリニューアルのお知らせを受けたので、トライアルセットを申し込んだ場合と違いがあるかもしれません。

サエル 箱

外観新サエルトライアルセットの外観です。左から、ホワイトニングエッセンスコンセントレート、ホワイトニングローションコンセントレート、ホワイトニングクリームコンセントレートです。

新サエル 美白アイテム

 

ちなみに、下の写真は旧サエルトライアルセットの外観と比較すると、上の新サエルのパッケージはよりブルーが協調され高級感がアップした感じですね。

旧サエル

 

添付品梱包箱の中は、サエルトライアルセット本体、おまけ(旧サエルと同様)のサエルCCクリームコンセントレート、ガイドブック、サンクスレター、リニューアルに関するお知らせです。トライルセットを申し込むんだ場合は、リニューアルのお知らせ以外がセットになると思います。

新サエル 添付品

成分サエルの成分表記を確認すると、それぞれのアイテムに医薬部外品の表記があること、そして、成分のところで紹介した美白効果があるアルブチン、グリチルリチン酸2K、セラミドなどが配合されていることも確認できます。

 

サエル ホワイトニング ローションコンセントレートの成分

サエルホワイトニングローションコンセントレート 成分

 

サエル ホワイトニング エッセンスコンセントレートの成分

サエルホワイトニングエッセンスコンセントレート 成分

 

サエル ホワイトニング クリームコンセントレートの成分

サエルホワイトニングクリームコンセントレート 成分

 

機能の特徴サエルの3つの特徴である敏感肌ケア、シミケア、くすみケアにどのようにアプローチするのかがわかります。

サエルの特徴

使い方サエルの各アイテムの使い方の共通事項は、ローション、エッセンス、クリームのどれも手のひらで温めてから、優しくハンドプレスで浸透させるというやり方です。

 

STEP1:サエル ホワイトニング ローションコンセントレート

ローションコンセントレート 使い方

 

STEP2:サエル ホワイトニング エッセンスコンセントレート

エッセンスコンセントレート 使い方

 

STEP3:サエル ホワイトニング クリームコンセントレート

クリームコンセントレート 使い方

 

STEP4:サエル ホワイトニングCCクリームコンセントレート

CCクリームコンセントレート 使い方

 

テクスチャーなどSTEP1:サエル ホワイトニング ローションコンセントレート

ローションコンセントレート テクスチャー

 

STEP2:サエル ホワイトニング エッセンスコンセントレート

エッセンスコンセントレート テクスチャー

 

STEP3:サエル ホワイトニング クリームコンセントレート

クリームコンセントレート テクスチャー

 

STEP4:サエル ホワイトニングCCクリームコンセントレート

CCクリームコンセントレート テクスチャー

 

価格 トライルセット初回限定¥1,480円(税込)

 

サエルについて更に詳しい情報を知るには、こちらリンクから公式サイトへ移動して確認してください。

サエル公式サイト
check_img01a医薬部外品のサエルを公式サイトで確認する。

 


rattat


毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

目元 乾燥小じわ たるみ 悩み
▲手強い目元の乾燥小じわ/たるみに▲


基礎化粧品選び 迷う

セラミド 増やす対策
▲▲ 基礎化粧品選びに迷ったら ▲▲

▼▼ Hot!! ▼▼
フルアクレフを使ってみた!辺見えみりプロデュース美容液の力

美白×保湿のおすすめコスメ

いま話題の高保湿成分化粧品の特集

おすすめ高保湿化粧水ランキング まとめ記事

おすすめのオールインワン時短化粧品ランキング まとめ記事

身体の内側から潤すサプリ特集

ニキビケアと保湿を両立するおすすめ化粧品ランキング まとめ記事

コスパで選ぶ効果期待値の高い保湿化粧品特集

普段の基礎化粧品にプラスすると効果アップする化粧品

ディセンシア decencia アヤナス まとめ記事

にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

同じカテゴリー「ディセンシア サエルを使ってみた」の一覧

薬用美白化粧水、夏に向けていまから始める美肌対策!

紫外線が強くなりはじめる春は、夏に向けた美肌作り対策を開始する大切な季節といえます。そのためにも薬用美白化粧水などの基礎化粧品を使って先手を打っておきましょう。

記事の続きを読む

【頬のたるみ毛穴ケア】実践して改善効果がでた方法(画像つき)

頬のたるみ毛穴、黒ずんだり広がったりしてすごく気になりますよね。この記事では、そんな頬のたるみ毛穴の悩みを解消するケアのやり方をお伝えします。筆者自身が、実際に試した超おすすめのたるみ毛穴改善ケアの良好な結果を画像つきでお伝えします。

記事の続きを読む

【美白×アンチエイジング×保湿】サエル使用31日経過(画像つき)

美白とアンチエイジングに加えて保湿効果にも期待できるディセンシアのサエル。春から夏の紫外線が強まるシーズンに使うとおすすめなサエルを実際に購入して使ってみた、使用前から14日、さらに31日経過した肌状態をお伝えします。

記事の続きを読む

【肌のカサカサ対策】毎年乾燥の時期に悩まされていませんか?

これまでなら乾燥時期になってから化粧水でしっかり保湿すれば乗り切れたのに・・・。年齢のせいか最近は、毎年同じ時期になると肌のカサカサにひどく悩まされる、そんな状態ではありませんか?この記事では、肌のカサカサが気になりだす時期に向けた、保湿ケア対策についてお伝えしたいと思います。

記事の続きを読む

【インナードライの化粧水】夏にもおすすめの保湿スキンケア

オイリー肌と思っていたのに、実はインナードライ肌だったというほど自分では気づきにくい隠れ乾燥肌。そんなインナードライのスキンケアでは、保湿以外に、化粧水に配合される成分を意識することも大切です。この記事では、これからの夏にもおすすめのインナードライ肌の保湿に役立つアイテムをご紹介しています。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

うるおい侍のプロフィール

うるおい侍が、お肌の潤いに関して独自の切り口で紹介しています。

プロフィールの続きを読む
    敏感肌向け超保湿アイテム
    コンテンツの一覧
    にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

Copyright© 2018 乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ

ページトップ