MENU
乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ TOP  >  乾燥肌とセラミド  >  【セラミドの副作用】100%安全が売りの化粧品の方が怖い!?

【セラミドの副作用】100%安全が売りの化粧品の方が怖い!?



▼▼ 基礎化粧品選びに迷ったら ▼▼
【基礎化粧品選び】どれがいいか迷ったらこれ!

副作用のない100%安全な薬が存在しないように、多くの成分を含む化粧品も絶対安全なんてことはありえません。逆にそれをキャッチコピーで大げさに押し出してるのって怖くないですか?しかし一方で、セラミド配合化粧品やサプリメントで副作用が出た!という話を聞くこともあります。この記事では、セラミドの副作用について結局何がポイントなのかをお伝えしています。

セラミド 副作用の原因

 

セラミドが副作用を起こす可能性

セラミドは安全性が高く副作用を引き起こす可能性は非常に低いようです。その理由は、セラミドは細胞どうしを繋ぎとめる接着剤の働きをする、もともと細胞膜に存在する成分やからです。さらには、普段から摂取している食品、例えば米、小麦、大豆、こんにゃく、豚肉など、あなたが毎日のように身体に摂り入れている食品にセラミドが含まれてるんです。もしセラミド自体に副作用の危険があるとしたら、あなたの身の回りはセラミドの副作用で悩まされてる人であふれ返ってるかもしれません。

 

セラミドは人工的に生成できる成分でもあるんですが、基本的に食品などにも含まれる成分で副作用の危険は極めて低いと考えられていて、セラミド自体が直接的に副作用の原因ではないと考え方もあるようです。しかし、セラミド研究の歴史はそう古くはないので副作用に関して100%安全とハッキリしない部分があるのも事実みたいですね。

 

副作用の原因はセラミドより添加物?

セラミド自体が副作用の原因になる可能性は薄いことをお伝えしましたが、実際にはセラミド配合化粧品やサプリを使って、副作用と思われる症状が出たという人がゼロではないことも事実。なんでやろう?

 

これは、サプリメントにしても化粧品にしても、セラミド配合商品は小麦や大豆などアレルゲンとなる原料を使ったものや、セラミド以外のいろんな成分が配合されていることが要因の一つといえます。他にも防腐剤や香料などカラダや肌への刺激を無視できない添加物が含まれていることも少なくないからです。そんなわけで、セラミド配合製品の副作用が心配な場合は、セラミド自体より原料や配合される他の成分にもしっかり目を配る必要があるっちゅうことです。

 

下記リンク先の記事では、そんな原料や添加物の点で安心なセラミド配合の基礎化粧品とセラミドサプリを特集しています。もしこの記事を読み進める前に気になる場合は、先に下のリンクから進んでみてや。

セラミド配合 基礎化粧品 セラミドサプリ
check_img01aセラミド配合の基礎化粧品とセラミドサプリ特集記事へ進む

 

 

ところでセラミドってなに?

美肌やうるおい肌を気にするあなたなら、セラミドって名前くらいは聞いたことがあると思います。ここで、セラミドについてちょっと理解を深めておきましょう。セラミドは、肌のうるおいやバリア機能を維持するのに欠かせない細胞間脂質の1つ。肌の角質層は、角質細胞がレンガのように何層にも積み重なった構造になってるんやけど、この角質細胞どうしをつなぎとめておく接着剤のような働きをするのがセラミド。

 

セラミドが角質細胞の間をびっしり埋め尽くして細胞どうしをしっかりつなぎとめることで、角質細胞の間に保水ができるねん。角質層が十分に保水されて潤うことができれば、肌のバリア機能も強化され外界からの刺激に対して強くなります。また、しっかり潤いのある肌はハリ・弾力・つやのアップにもつながります。逆に、肌がうるおいを失うことは、カサカサ肌はもちろん、しわやたるみ、バリア機能が貧弱で刺激に弱い不健康な肌を作ってしまうということになります。このように、乾燥肌の予防と改善にはセラミドが大きな働きを持つ成分ってことやで。

保湿成分 セラミドとは

 

セラミドは、大きく分けるとヒト型セラミド(バイオセラミド)と、非ヒト型セラミドに分けられて、ヒト型セラミドはその名の通りヒトのセラミドと非常に似た構造を持つセラミド。酵素を原料として人工的に生成されるセラミドです。人体との親和性と効果はかなり高いけど、生成コストがかかるため商品価格にそのまま跳ね返ることが弱点といえます。

 

非ヒト型セラミドには、動物由来の天然セラミド(ビオセラミド)と植物由来の植物性セラミドがあり、ヒト型セラミドより保湿効果は落ちるけど若干のコストメリットがあるねん。そして、非ヒト型セラミドには、もう一つ合成セラミドっていうのがあって、石油由来原料を使って人工的に生成されるものになります。セラミドのような働きをするので疑似セラミドと呼ばれることもあるで。大量生産が可能なのでコスト的には一番有利。

 

ヒト型セラミドや非ヒト型セラミド、天然セラミドに合成セラミド・・・、セラミドにはいろんな種類があって、文章では、ちょっとややこしい部分もあるので図解してみました。これを見ればセラミドの種類と分類が大体理解できるんとちゃうやろか。

セラミドの分類と種類 図解

 

セラミドの表示名が新しくなっています。今後は『セラミド+数字』は旧名称となり、新表示名に『セラミド+英文字』の表記が使われるようになります。

 

旧表示名新表示名
セラミド1セラミドEOP
セラミド2セラミドNS/セラミドNG
セラミド3セラミドNP
セラミド6, 6IIセラミドAP
セラミド9セラミドEOS

 

セラミド関連の記事は、こちらのリンクからいろいろ読むこともできますので参考にしてみてください。

check_img01aセラミドと乾燥肌についての記事一覧

 

セラミドの副作用についてのまとめ

セラミド自体には、副作用の心配はほとんど無いみたいやけど、「セラミド配合」っていう言葉に飛びつかず、原料や添加物もしっかりチェックすることをこころがけましょう。そうすることで添加物による副作用のリスクの軽減にもつながるということやで。

 

また、セラミドの保湿効果は配合されるセラミドの種類や配合量によってまるっきり違ってくるということ。効果と安全性の両面を優先するならヒト型セラミドや天然セラミドを配合した商品を購入することも大事なポイントになってくるで。もし値段で考えたとすると容量約30mLで3,000円以上が判断の目安とすことができるんとちゃうやろか。

 

セラミドに関する副作用についてお伝えしてきましたが、セラミド配合の基礎化粧品やサプリメントについての特集記事を公開しています。うるおい侍も実際に試して副作用やトラブルもなく、効果的な結果が得られたいい商品だと思いますので最後にお伝えしておきます。

身体の内側と外側 セラミド補給
check_img01a身体の内側と外側からのセラミド補給を助けるセラミド特集記事へ進む

 


rattat


毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

目元 乾燥小じわ たるみ 悩み
▲手強い目元の乾燥小じわ/たるみに▲


基礎化粧品選び 迷う

セラミド 増やす対策
▲▲ 基礎化粧品選びに迷ったら ▲▲

▼▼ Hot!! ▼▼
フルアクレフを使ってみた!辺見えみりプロデュース美容液の力

美白×保湿のおすすめコスメ

いま話題の高保湿成分化粧品の特集

おすすめ高保湿化粧水ランキング まとめ記事

おすすめのオールインワン時短化粧品ランキング まとめ記事

身体の内側から潤すサプリ特集

ニキビケアと保湿を両立するおすすめ化粧品ランキング まとめ記事

コスパで選ぶ効果期待値の高い保湿化粧品特集

普段の基礎化粧品にプラスすると効果アップする化粧品

ディセンシア decencia アヤナス まとめ記事

にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

同じカテゴリー「乾燥肌とセラミド」の一覧

ツヤ肌づくりは皮丘が老け顔と若見えを分けるカギ

同じ年齢なのに肌にツヤがあって、若く見える人と老けて見える人っていますよね。そのカギを握るのが皮丘(ひきゅう)です。この記事では、なぜ皮丘がツヤ肌に必須となるのか、そのメカニズムと皮丘作りに何をしないといけないのかをお伝えします。

記事の続きを読む

【乾燥肌のかゆみに効く市販薬】効き目で選ぶ7選!

かまんできないツライ乾燥肌のかゆみを、すぅーっと沈めるのに役立つ外用薬と内服薬を合わせて7つ選びました。カラダへの負担が少なく即効性を重視、すべて楽天やアマゾンなどの通販やドラッグストアでも購入できる市販薬なので入手しやすいと思います。

記事の続きを読む

【ヒフミドの口コミと比較】私が5アイテムを使って実感したこと

3種のセラミド配合の小林製薬のヒフミド。乾燥性敏感肌などの潤いケアとして人気ですが、ヒフミドの口コミを調べてみると高評価もあれば良くない評価もあります。この記事では、そんなヒフミドの口コミ情報と筆者が実際に使ってみた感想を5つのアイテムごとに比較してみました。

記事の続きを読む
肌の水分不足 セラミド補給する理由

セラミド配合で効果のあった化粧水・美容液・クリーム・サプリ

肌の潤いやバリア機能に欠かせないセラミド。そんなセラミドを配合する商品は化粧水・美容液・クリーム・サプリといろいろありますが、効果的に肌へ補うには商品選びも重要なポイントです。この記事では、本サイトで実際に使っていいなと実感したものを中心に、セラミド配合の商品のおすすめを特集してお伝えします。

記事の続きを読む

セラミド配合クリーム、敏感肌には効果と負担はトレードオフ?

セラミド配合の基礎化粧品を使ったスキンケア、敏感肌の人にとって肌への負担や効果を考えるとオールインワンでいいのか、それともライン使いすべきなのかなど悩ましいことも多いのではないでしょうか。この記事ではセラミド配合クリームを中心とした敏感肌にとってのベストチョイスをお伝えします。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

うるおい侍のプロフィール

うるおい侍が、お肌の潤いに関して独自の切り口で紹介しています。

プロフィールの続きを読む
    敏感肌向け超保湿アイテム
    コンテンツの一覧
    にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

Copyright© 2018 乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ

ページトップ