MENU
乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ TOP  >  うるおいサプリメント , 乳酸菌サプリ  >  【乳酸菌とビフィズス菌の種類と違い】どれにどんな効果があるの?

【乳酸菌とビフィズス菌の種類と違い】どれにどんな効果があるの?



▼▼ 基礎化粧品選びに迷ったら ▼▼
【基礎化粧品選び】どれがいいか迷ったらこれ!

ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌。カラダにいい影響を与えることで知られますが、乳酸菌とビフィズス菌には種類や違いがあります。最近では食品やサプリメント、化粧水などへの活用が進む中、乳酸菌とビフィズス菌のどれが含まれるのかに注目がされつつあるようです。この記事では、乳酸菌とビフィズス菌の中からよく使われるものをピックアップして、どれにどんな効果があるのかなどにも触れていきます。

乳酸菌とビフィズス菌 種類と違い どれ

 

乳酸菌とビフィズス菌は同じ善玉菌ですが、生物学的な分類では種類や性質、摂取した場合の効果などに違いがあるんです。実際に乳酸菌とビフィズス菌を同じものと勘違いしてしまっている人も少なくないうpです。さらに乳酸菌もビフィズス菌もカラダにいいとはいわれるものの、どれにどんな働きの違いがあるのかや効果を知らずに摂っていることがほとんどとちゃうやろか。

 

潤いに溢れる健康的な美肌作りでは、腸内環境を整えることが大切やということもよく認識されていることですよね。そこで、うるおい侍も乳酸菌とビフィズス菌について理解を深めて腸活に取り組もうと、しっかり調べてみたんです。

 

これまで外側からの対策だけでだったという人、特に頑張ってるわりに思ったような効果が出てないと感じてるなら、乳酸菌とビフィズス菌を摂りいれた腸活のこと考えてみるのもいいかもしれへんよ。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違いを分かりやすく表にまとめてみます。これだけ比較して見ても、いろんな違いがあることが分かるんとちゃうやろか。さらに乳酸菌とビフィズス菌の種類もあるので、性質や特徴で分類すると更に細かくなりそうです。

※ここで紹介している乳酸菌とビフィズス菌の特徴や効果は研究結果によるもので、摂取による効果・効能を保証するものとはちゃうので注意してや。

乳酸菌とビフィズス菌の違い
菌の種類乳酸菌ビフィズス菌
生息場所小腸・その他大腸のみ
1~1,000億個1~10兆個
体内の割合0.01%99.9%
形状主に球状・棒状主にV字・Y字状
生成物糖を分解して乳酸強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群、葉酸。乳酸も少々。
その他の特長酸素があっても生きられる。酸素のある中では生きられない。

 

乳酸菌の種類・特徴・効果

糖を分解して乳酸を作り出す乳酸菌。乳酸は腸内環境を整えることで知られますが、乳酸菌の乳酸生成効率は非常に高く、少ない糖から大量の乳酸を作り出す力を持っています。したがって腸内で乳酸菌を増やすことができれば、それだけ腸内環境が整いやすくなるということになります。

乳酸菌の種類・特徴・効果
ガセリ菌SP株ヤクルトの乳酸菌と同じく生きたまま腸に届き腸内環境を整える。腸内に長く留まるので効果も長続きすることがメリット。雪印メグミルクが発見した乳酸菌で内蔵脂肪・皮下脂肪などに働きダイエット効果に期待できる。
乳酸菌ラクリス-Sこの乳酸菌は有胞子性乳酸菌と呼ばれ、いちばんの特長が腸内に胞子のまま届いてから発芽するということ。このため高い生存率で腸内に到達できます。効果としては消化を助けたり腸内環境を整え、アレルギー症状をやわらげたり便秘予防や改善に優れた効果が見込める。
ヤクルト菌(乳酸菌シロタ株)有名な乳酸菌飲料のヤクルトに使われている乳酸菌。胃液や胆汁などで消化されず生きたまま腸まで届きます。大腸にいるビフィズス菌の働きを助け相乗効果で腸内環境が改善される。
LG21乳酸菌乳酸菌研究で有名な明治が発見した乳酸菌。胃酸に強くピロリ菌の活動を抑える効果があるとされています。ヨーグルトなど多くの乳製品へ使われてますね。
ラブレ菌ラブレ菌は植物由来の植物性乳酸菌で、動物性乳酸菌より腸内で生き抜く力に優れています。増殖力が高く、その生命力から悪玉菌より優勢に働くことができます。免疫力の向上効果に優れ、花粉症などのアレルギー症状の抑制の他、体内に侵入したウィルスの撃退や抗ガン作用にも期待ができる。
フェカリス菌(乳酸菌抽出物LFK)フェカリス菌は、免疫力アップや花粉症のアレルギーに効果があることで話題の乳酸菌。特にフェカリス菌のFK23を加熱処理して抽出されるFLKを摂取することで、乳酸菌成分を効率的に補えるため免疫力アップが数倍にまで高めることができる。
L-92乳酸菌アトピー性皮膚炎や花粉症など、アレルギー症状の緩和に効果が認められる乳酸菌。あのカルピスで有名なカルピス社が研究・発見した乳酸菌。

 

ビフィズス菌の種類・特徴・効果

現在ビフィズス菌は30数種類に分類されてるようですが、そのうち人間の体内で確認されているのは約10菌種程度だそうな。そして、その中で代表的な菌とその特徴がこちら。

ビフィズス菌の種類・特徴・効果
ビフィズス菌G9-1株いきたまま腸に届いて腸内の定着性が良く、整腸作用や悪玉菌の増殖抑制の他、中性脂肪低減やコレステロール値の低下、血糖値の上昇を抑えるなどの作用が認められる。
ビフィズス菌B-3(ビースリー)森永乳業が発見開発したビフィズス菌B-3(ビースリー)。体重・体脂肪や内臓脂肪・皮下脂肪の低減、動脈硬化の抑制や肝機能の改善、また肌への紫外線ダメージを防ぐ効果も認められていて、肌の潤い保持にも役立つ優れたビフィズス菌。
ビフィズス菌SP株雪印乳業によって発見され、ヨーグルトなど多くの乳製品に使用されているビフィズス菌。大腸までしっかり届いて善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きに優れており、便秘予防や解消、病原性大腸菌O-157対策としても活躍に期待ができる。
B.ブレーべ・ヤクルト株(ビフィズス菌BY株)生きたまま腸に到達して腸内環境を改善してくれるビフィズス菌。肌の潤いや美肌効果にも期待ができる。
ビフィズス菌Bb-12株ビフィズス菌としての信頼度も高く世界的に利用されている。整腸作用から免疫力強化やアトピー性皮膚炎の改善、感染症の感染リスクの低減やピロリ菌対策など利用範囲は幅が広い。
ビフィズス菌BE80株ダノンが保有するビフィズス菌BE80株。生存率が高く生きたまま腸へ届き、おなかの不調や不快感の緩和や便秘予防と解消などに役立つビフィズス菌。

 

乳酸菌とビフィズス菌のどれを摂ればいいの?

乳酸菌 ビフィズス菌 どれ

乳酸菌とビフィズス菌の違いや特長、それぞれの持つ効果にはいろいろあることをお伝えしました。では最後に、これらの中で乳酸菌とビフィズス菌のどれを選択すればいいかです。ポイントは腸全体へ働き、腸内環境を整えられること。つまり、消化と吸収を助けることができるかどうかです。

 

食べたものが胃を出た後の消化と吸収は十二指腸と小腸と大腸によって行われますが、乳酸菌やビフィズス菌の種類によって腸内の生息しやすい部位はある程度決まっているため、部位ごとにうまく適合できる乳酸菌やビフィズス菌を摂ることが腸全体の環境をバランスよく整えることにつながります。

 

また、本サイトのテーマに照らし合わせると、肌の潤いや美容への対策としての働きの有無も重要なポイントといえます。そういった観点で考えると、紫外線からの影響を抑える効果のあるビフィズス菌B-3(ビースリー)は外したくないひとつ。免疫力アップが数倍に高まるといわれる乳酸菌抽出物LFK、また強い生命力で腸内で仲間を増やすラクリスは腸内環境をバランスよく整えるのに非常に役に立ちます。

 

以上のポイントを抑えたこちらの商品は、乳酸菌とビフィズス菌を合わせて5種類も一度に摂れる商品はメリットが多いんとちゃうやろか。

 

腸全体の腸内環境をバランスよく整えるために!
カルグルト
腸全体 腸内環境 バランスよく整える カルグルト
内容量/使用目安30包/1日1包(約30月分)
通常購入価格(税込)¥8,000円/1箱
単品初回限定価格(税込)¥1,980円 ※初回限定、通常価格から75%OFF
毎月1箱定期価格(税込)¥980円 ※定期初回、通常価格から87%OFF
¥3,980円 ※お届け2回目以降、通常価格から50%OFF
定期コースの特典初回限定:1回目お届け¥980円 約87%OFF!
2回目以降のお届けも¥3,980円 50%OFF!
●送料無料
●回数しばり無
●解約は商品到着から10日後から可
送料定期コース・初回限定は全国無料 ※単品購入は¥540円
注文と配達●注文してから4~5日程度
●返品は未開封・未使用に限る
入っている乳酸菌乳酸菌抽出物LFK、ガセリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌ビースリー、ラクリス-S
原材料名ブドウ糖、有胞子性乳酸菌末(乳糖、有胞子性乳酸菌)、乳酸菌末、ビフィズス菌末、乳酸菌抽出物(卵を含む)、増粘多糖類、酸味料、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ネオテーム)
商品のポイント●毎日続けることで効果が加速してくる商品性。
1つで5種類の乳酸菌、ビフィズス菌が摂れるので効果的な腸活ができる。
●始めるならコスト的にも定期購入が断然おすすめ。カルグルトは、単品価格は¥8,000円(初回限定で¥1,980円)、定期購入コースなら定期初回お届け¥980円と非常に始めやすい。
その他●カルグルトの商品構成。チラシの量もそれほど多い印象ではないですね。
カルグルト チラシ 広告
●厚さ2㎝程度の薄い箱にスッキリと収められたカルグルト本体。
カルグルト 本体
●本体を開けると、1回分のカルグルトのスティック30日分が整然と並びます。スティックは手で簡単に切れるよ。
カルグルト スティック
●容器にカルグルトを入れたところ。真っ白な粉末は、いかにも乳酸菌を感じさせます。ヤクルトやヨーグルト風味の乳酸飲料のような甘酸っぱい香り。
カルグルト 粉末
●水に溶かしたところ。
カルグルト 溶かしたところ
●腸活の重要性を簡単に説明してくれてます。
カルグルト 腸活
●カルグルトに含まれる5つの乳酸菌。このひとつで5種類も摂れるというのはなかなかないです。
カルグルト 5つの乳酸菌
●カルグルトの飲み方は、いたって簡単。お水や牛乳に溶かして飲むだけ。ダマにならないようにするのがポイント。シェイカーを持ってるなら、カルグルトと水などを入れてシャカシャカするとむちゃ簡単。
カルグルト 飲み方
●カルグルトの栄養成分表示など。カロリーも1包10kcal以下と低カロリーやね。※タッチで拡大
カルグルト 栄養成分表示
●定期コースについての説明もちゃんと書いてあるので、単品購入した場合は参考にしてください。

カルグルト 定期コース 公式ページ
check_img01aカルグルトの公式サイトへ進む

 


rattat


毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

目元 乾燥小じわ たるみ 悩み
▲手強い目元の乾燥小じわ/たるみに▲


基礎化粧品選び 迷う

セラミド 増やす対策
▲▲ 基礎化粧品選びに迷ったら ▲▲

▼▼ Hot!! ▼▼
フルアクレフを使ってみた!辺見えみりプロデュース美容液の力

美白×保湿のおすすめコスメ

いま話題の高保湿成分化粧品の特集

おすすめ高保湿化粧水ランキング まとめ記事

おすすめのオールインワン時短化粧品ランキング まとめ記事

身体の内側から潤すサプリ特集

ニキビケアと保湿を両立するおすすめ化粧品ランキング まとめ記事

コスパで選ぶ効果期待値の高い保湿化粧品特集

普段の基礎化粧品にプラスすると効果アップする化粧品

ディセンシア decencia アヤナス まとめ記事

にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

同じカテゴリー「うるおいサプリメント」の一覧

乳酸菌の肌ケア、乾燥肌や肌荒れには塗る?飲む?

乳酸菌で肌ケアと聞くとサプリメントや食品を思い浮かべますが、乳酸菌による肌ケアでは乳酸菌入りの化粧水やクリームを肌に塗る方法と、乳酸菌サプリメントなどで摂取する方法が考えられます。ではこの2つの乳酸菌肌ケア、どちらが肌の保湿として効果的でしょうか。

記事の続きを読む

【乳酸菌とビフィズス菌の種類と違い】どれにどんな効果があるの?

ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌。カラダにいい影響を与えることで知られますが、乳酸菌とビフィズス菌には種類や違いがあります。最近では食品やサプリメント、化粧水などへの活用が進む中、乳酸菌とビフィズス菌のどれが含まれるのかに注目がされつつあります。この記事では、乳酸菌とビフィズス菌の中からよく使われるものをピックアップして、どれにどんな効果があるのかなどにも触れていきます。

記事の続きを読む

【インナードライの化粧水】夏にもおすすめの保湿スキンケア

オイリー肌と思っていたのに、実はインナードライ肌だったというほど自分では気づきにくい隠れ乾燥肌。そんなインナードライのスキンケアでは、保湿以外に、化粧水に配合される成分を意識することも大切です。この記事では、これからの夏にもおすすめのインナードライ肌の保湿に役立つアイテムをご紹介しています。

記事の続きを読む

【美容ドリンクの効果】飲む時間帯はいつがおすすめ?

基礎化粧品だけでは追いつけなくなりだす年齢肌。そんなとき、美容ドリンクの効果が気になり始めるのではないでしょうか。からだの内側からスキンケアできる、おすすめの美容ドリンクを飲む時間帯や期待できる効果などについてお伝えします。

記事の続きを読む

【ドモホルンの飲むコラーゲン】睡眠の質アップ効果で美肌アプローチ

睡眠の質は、美肌との関係が深いといわれます。年齢肌化粧品の元祖ともいえる、ドモホルンリンクルの睡眠の質を改善しながらエイジングケアの効果に期待できる飲むコラーゲンをご存知でしょうか。大人のキレイは、夜作られるところに着目したドモホルンの飲むコラーゲン美容ドリンクを詳しく紹介します。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

うるおい侍のプロフィール

うるおい侍が、お肌の潤いに関して独自の切り口で紹介しています。

プロフィールの続きを読む
    敏感肌向け超保湿アイテム
    コンテンツの一覧
    にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

Copyright© 2018 乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ

ページトップ