MENU

【プロテオグリカン高濃度美容液】この成分だけで最適解といえるか?



▼▼ 基礎化粧品選びに迷ったら ▼▼
【基礎化粧品選び】どれがいいか迷ったらこれ!

いま話題の保湿成分プロテオグリカン。実力はヒアルロン酸の1.3倍という驚異的な保水力を誇るといいます。最近では、プロテオグリカンを高濃度に配合する美容液も増えてきていますが、プロテオグリカン高濃度ということだけが美容液としての最適解かといえば、そうとも限らないかもしれませんというお話。

高濃度美容液 成分 プロテオグリカン 最適解

 

美容液はプロテオグリカン高濃度だけで十分か

美容という観点で美容液を考えた場合、いくら高濃度にプロテオグリカンを配合していますといっても十分ではないんとちゃうやろか。保水力はヒアルロン酸の1.3倍といわれるプロテオグリカンやけど、機能的には、あくまで保湿がメインの成分やからです。これが化粧水とか保湿剤ならいいと思います。確かに、美しく潤いのある肌質に保つ上で保湿は必須やし、スキンケアとして最も効果的で意味のある手段やと思います。

 

でも、美容液ってスペシャルな要素があるから美容液やと思うんです。実際、同一ラインの他のアイテムと比べると、美容液って単価く設定されてることがほどんど。にもかかわらず美容液の主要機能が保湿だけって、なんか物足りないよなぁっていうのが個人的な意見。

 

わざわざ美容液をプラスするってことは、きっとライン使いか複数のアイテムの併用やん?ちゅうことは、肌への水分補給は基本的にローションや乳液の役目。そう考えると、美容液の役目はローションなどでカバーしけれない保湿や、特に集中的にケアしたい部分に応じた成分を含んだスペシャルなアイテム(であるべき)やと思うわけです。そういう意味では、『プロテオグリカン高濃度』というキャッチフレーズはスペシャル感はあるけど、それでほんまに十分か?っていう疑問は拭いきれへんよなぁっていうのが正直なところです。

 

プロテオグリカン原液について

あと勘違いしやすいのが、プロテオグリカン原液の化粧水や美容液などです。この『原液』ということばには注意が必要な場合があります。この原液の意味はプロテオグリカンを100%配合しているということではなく、プロテオグリカンを加水分解などの加工をする前の成分という意味だからです。極端な例えでいえば、プラセンタエキス原液を1%配合して、残り配合成分の99%が水であってもプロテオグリカン原液ってことやねん。なので、ここの部分を読んで、もしそうやったんやとなる場合は、プロテオグリカン配合の基礎化粧品の選択には十分に気をつけて検討をしてください。

 

高濃度プロテオグリカン美容液に欲しい他の成分

高濃度美容液 プロテオグリカン 他の成分

高濃度にプロテオグリカンを配合すること自体は、めっちゃ意味も効果もあるといえますが、できれば単なる保湿強化だけじゃなくて、肌を美しく保つためのプラスαが欲しいところ。

 

機能面で具体的にいえば、肌のバリア機能強化や肌の自己再生力を強化することで、透明感やハリ・ツヤといった美容効果の高い要素をカバーできることです。肌のバリア機能を強化すれば、外的刺激に強く肌自身の保湿力も高まるし、肌の自己再生力がアップすれば健康的で透明感のある肌に近づけることができます。

 

いまのスキンケアに満足できなくて美容液をプラスしようと考え中なら、せっかくなら、より優れた美容効果が見込めるように先を見越したスキンケアに取り組みたいですね。これは例えば、『補い続けなければいけない成分』だけじゃなくて、『肌の本来の力を回復させる成分』にも着目するということです。

 

より効果的といえる高濃度プロテオグリカン美容液

高濃度プロテオグリカンに加えて、肌の透明感やハリ・ツヤアップ効果に期待ができる成分のひとつに胡蝶蘭エキスがあるんですが、この成分を、プロテオグリカンと一緒に高濃度に配合した美容液があります。

 

自らの細胞を自己再生し、強い生命力で知られる胡蝶蘭から抽出される胡蝶蘭エキスには、ポリフェノールの一種であるケルセチンやルチンなどで優れたアンチエイジングに期待できる成分。プロテオグリカンによる高い保湿効果と、胡蝶蘭エキスによるアンチエイジング効果、ダブルの効果に期待ができる成分を高濃度に配合する美容液です。

プロテオグリカン美容液 おすすめ

 

このプロテオグリカンと胡蝶蘭エキスを高濃度に配合する美容液、その名はフルアクレフ。TVやCM、雑誌などマルチに活動しているタレントの辺見えみりさんが、年齢に負けない肌作りのために自分自身が使い続けたいと思える美容液としてプロデュースした美容液です。

 

スペシャルなスキンケアをサポートする美容液として、プロテオグリカンと胡蝶蘭エキスを高濃度に配合したフルアクレフは特別なスキンケアを叶えるアイテムのひとつになるんとちゃうやろか。スキンケアに美容液を導入する目的としてアンチエイジングの部分は無視でけへん要素やもんね。

 

ちなみに、うるおい侍も高濃度プロテオグリカンと胡蝶蘭エキス配合のフルアクレフを実際に使ってみてますので、その効果や乾燥については下のリンクの記事をどうぞ。

check_img01aプロテオグリカン高濃度配合のフルアクレフを実際に使った感想

 

プロテオグリカンと胡蝶蘭エキスを高濃度に配合する美容液check_img01aプロテオグリカンと胡蝶蘭エキスを高濃度に配合する美容液

 


rattat


毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

目元 乾燥小じわ たるみ 悩み
▲手強い目元の乾燥小じわ/たるみに▲


基礎化粧品選び 迷う

セラミド 増やす対策
▲▲ 基礎化粧品選びに迷ったら ▲▲

▼▼ Hot!! ▼▼
フルアクレフを使ってみた!辺見えみりプロデュース美容液の力

美白×保湿のおすすめコスメ

いま話題の高保湿成分化粧品の特集

おすすめ高保湿化粧水ランキング まとめ記事

おすすめのオールインワン時短化粧品ランキング まとめ記事

身体の内側から潤すサプリ特集

ニキビケアと保湿を両立するおすすめ化粧品ランキング まとめ記事

コスパで選ぶ効果期待値の高い保湿化粧品特集

普段の基礎化粧品にプラスすると効果アップする化粧品

ディセンシア decencia アヤナス まとめ記事

にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

同じカテゴリー「フルアクレフを使ってみた」の一覧

【プロテオグリカン高濃度美容液】この成分だけで最適解といえるか?

いま話題の保湿成分プロテオグリカン。実力はヒアルロン酸の1.3倍という驚異的な保水力を誇るといいます。最近では、プロテオグリカンを高濃度に配合する美容液も増えてきていますが、プロテオグリカン高濃度ということだけが美容液としての最適解かといえば、そうとも限らないかもしれませんというお話。

記事の続きを読む

肌が自己修復と再生に目覚める?胡蝶蘭エキスに迫る

古来より長寿の象徴として扱われてきた胡蝶蘭。自らの細胞を修復再生し、その美しさを、長いものでは1年以上も持続させるといいます。そんな驚異的な生命力を持つ胡蝶蘭から抽出される貴重な美容成分、胡蝶蘭エキスの魅力に迫ります。

記事の続きを読む

フルアクレフの口コミと実際に使った感想どっちを信じる?

フルアクレフの口コミが気になりますか?いまフルアクレフの通販申し込みを検討中のあなたは、ネット上の口コミ集と、実際に使った感想が目の前にあるとしたら、どっちを参考にしたいと思いますか?

記事の続きを読む

マリオネットラインを美容液で対策したいなら

マリオネットラインを美容液で対策したいなら、口元へうるおいを与える集中ケアが必要です。そのためには、保水に優れる保湿成分が不可欠。そんな高保湿成分に加えて、アンチエイジングに優れる美容成分を含むマリオネットライン対策として期待できるプロテオグリカン配合の美容液を紹介します。

記事の続きを読む

整肌効果ならトレハロース配合の保湿スキンケア化粧品もあり

整肌の効果に優れるといわれる保湿成分のトレハロース。ただ単に、保湿するだけではないトレハロースの働きと、トレハロース配合の高保湿スキンケア化粧品についてお伝えします。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

うるおい侍のプロフィール

うるおい侍が、お肌の潤いに関して独自の切り口で紹介しています。

プロフィールの続きを読む
    敏感肌向け超保湿アイテム
    コンテンツの一覧
    にほんブログ村 美容ブログ 乾燥肌へ にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ

Copyright© 2019 乾燥肌・年齢肌に効果のある敏感肌にも使える保湿化粧品ラボ

ページトップ